2008年11月13日


ダヴィンチ・ホールディングス(4314)がSTOP安 地合悪化で新興不動産関連でも換金売りが活発化
不動産市況悪化に対する警戒感が強まる中、本日は米国株の急落を受けて相場全体の地合が悪化しているために、新興不動産の一角でも換金売りが活発化している模様。
リサ・パートナーズ(8924)が38000円台へと大幅続伸 不動産関連の一角ではリバウンド狙いの買戻しが加速
足元では株価の急落に伴って安値を拾う動きが強まってきた中、依然としてPBRが0.3倍台と低水準に留まっているために、リバウンド狙いの買戻しが一段と加速し、本日の東京市場でも悪地合の中で、低PBRに留まっている不動産関連で見直し買いが活発化している。

派遣社員 履歴書の書き方
posted by wakayama-estate at 16:53 | ニュース