2008年11月11日


不況をチャンスに、中国の不動産事情
北京オリンピックが終わり、中国は不動産不況に見舞われています。こうした状況をなんとかチャンスに変えようと、工夫する人々が現れています。 ピーク時には4倍近くまではね上がったと言われる不動産ですが、今は値下げしても、なかなか買い手がつきません。
大分銀の9月中間、経常赤字116億円 不良債権処理が増加
不動産を中心に経営破綻が相次ぎ、不良債権処理額が大幅に増加した。破綻した米証券大手のリーマン・ブラザーズグループ発行の債券は保有していない。 09年3月期の連結業績も経常損失108億円、純損失69億円と大幅な赤字を見込む。年間配当は1株6円を維持する。

低金利ローン77
posted by wakayama-estate at 09:15 | ニュース