2008年09月25日



23日大陸株式市場:3日ぶり反落、不動産株が安い
不動産株が急落。中国人民銀行(中央銀行)がこのほど実施した国民意識調査で、国民の住宅購入意欲が調査を開始した1999年以来の最低となったことが嫌気された。乳製品のメラミン汚染問題を受けて食品株もさえない。銀行株の一角にも利益確定売りがみられた。

[新興不動産関連] リプラスがウリ気配、メッツも業績下方修正を嫌気
19日提出予定の半期報告書提出が9月下旬にずれ込むことと、半期報告書および開示済み中間決算短信に継続企業の前提に関する疑義注記が付与されると発表した。 半期報告書の提出遅延は、会計監査人より監査報告書の提出を受けていないことが原因。
posted by wakayama-estate at 09:29 | ニュース